日研グループ健康保険組合

こんなときどうする?

退職したとき

必要な手続き

[ 被保険者 ] 「任意継続被保険者資格取得申請書」 申請書
記入見本
[ 被保険者 ] 「任意継続資格喪失届」 申請書
記入見本
[ 被扶養者 ] 「任意継続資格喪失届」 申請書
記入見本

●退職後の健康保険
任意継続被保険者になるとき
[ 手続先 ]
当健保組合
[ 手続期限 ]
退職後20日以内
国民健康保険に加入するとき
[ 手続先 ]
居住地の市区町村の担当窓口
[ 手続期限 ]
14日以内
家族の健康保険の被扶養者になるとき
[ 手続先 ]
家族の健康保険の担当窓口
[ 手続期限 ]
5日以内
再就職するとき
[ 手続先 ]
就職先の健康保険の担当窓口
[ 手続期限 ]
5日以内
●任意継続被保険者について

任意継続って何?退職の日まで継続して2カ月以上健康保険の被保険者だった方は、退職後も2年間は任意継続被保険者として、それまでと同じ給付を受けることができます。

被保険者証は新たに交付されますので、医療機関ではその旨をお伝えください。
旧被保険者証は使えませんので、必ず返却してください。

●保険料
= 公 告 =
お知らせ
健康保険法47条第2項に規定する任意継続被保険者の標準報酬月額決定の件
標準報酬月額 260,000円
適用開始日 平成31年4月1日

これにより任意継続被保険者に適用される標準報酬月額は、上記額が上限となりますので、資格喪失時の標準報酬月額と比較 の上いずれか低い額が適用となります。

事業主負担だった分を含めて全額自己負担になります。

保険料の額は、退職時の標準報酬月額か、右表の標準報酬月額のいずれか低い方の額をもとに計算します。

毎月10日までにその月の分の保険料を納付しますが、割引が適用される前納制度もあります。


●保険給付

在職中の給付と同じですが、傷病手当金・出産手当金は支給されません。(ただし、退職後の給付の条件に該当する場合は支給されます。)

●被扶養者

一般の被保険者と同様、扶養している家族も一定の条件を満たせば被扶養者として加入し、健康保険の給付を受けることができます。

●資格を喪失するとき

次のような場合は、任意継続被保険者の資格を喪失します。国民健康保険に加入したい、家族の健康保険の被扶養者になりたいなどの理由でやめることはできません。

①資格取得日から2年を経過したとき
②被保険者が死亡したとき
③再就職により他の健康保険に加入したとき(国民健康保険は除く)
④納付期日までに保険料を納めなかったとき
⑤75歳になり後期高齢者医療制度の被保険者になったとき
※②③で資格を喪失するときは、保険証を添えて「任意継続被保険者資格喪失届」 を5日以内に提出してください。
Adobe Readerのダウンロード
※PDFファイルを閲覧されるには、最新版の Adobe® Reader® が必要です。